神戸市灘区の森好徳税理士事務所、税金・経営・相続・不動産のことなら 電話078-385-3496

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■元帳印刷の両面化

 もう既にパソコンで元帳を印刷する際に両面印刷している方も多いと思いますが、遅ればせながら当事務所でも最近ようやく両面印刷するようにしています。

 実はずっと以前からパソコンで元帳を印刷すると手書き元帳よりも厚みが分厚くなってしまうことが気になっていて、関与先様からも元帳が分厚くて重いという意見を伺っていました。その理由はパソコン処理を行う場合は元帳用紙の両面に印刷しないから分厚くなってしまうからなのですが、当初は当時のプリンタ性能の関係で仕方がない面もありました。

 元帳を両面印刷すれば単純に消費する用紙も半分になりますし、当然元帳の厚みも半分になります。これは印刷する用紙を節約することで事務所の費用削減とエコに役立つだけではなく、元帳を受け取って保存する関与先様にとっても元帳が軽くなって保存スペースが半分になるのですからお互いにとってとてもメリットがあります。

 今はプリンターや複合機もカラー両面印刷が標準になってきていますので、こういった印刷作業も以前に比べると格段に手軽に、しかも早くできるようになりました。最初に印刷設定を行う際に少し時間は必要ですが、ひとたび上手く印刷ができるようになるととても楽なものです。

 いまさらの感はありますが、まだ元帳を両面印刷されていない方にはぜひとも一手間かけて両面印刷することをお薦めします。
関連記事

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

森税理士事務所

Author:森税理士事務所


 「親しみやすい税理士事務所」を実現できるよう、日々業務を行っています。

 税金に関するちょっとしたご不明点などでしたら、いつでも無料でご相談を行っています。

・お問い合わせフォーム または

・電話 078-414-8087
(10時-18時 土日祝休)

からお気軽にご連絡ください。

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。