神戸市灘区の森好徳税理士事務所、税金・経営・相続・不動産のことなら 電話078-385-3496

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■住宅取得のための資金贈与

 今年も年末が近づいてきました。月日が過ぎるのは本当に早いものです。

 さて昨年(平成22年)から2年間限定で、住宅を取得するための資金を親などから贈与された場合の贈与税の非課税制度が始まっていましたが、いよいよ期間が終了しようとしています。

 この制度の概要は、親などから子供が資金の贈与を受けて家などを購入する場合に、平成22年は1,500万円まで、平成23年は1,000万円まで贈与税を非課税にしようというものです。

 なお贈与税はもともと110万円までの贈与については贈与税が非課税となっていますので、あわせますと平成22年は1,610万円、平成23年は1,110万円まで無税で贈与が受けられることになっています。

 この制度が平成23年末で終了する予定になっていますので、この制度を利用して住宅を取得しようと考えておられる方は年末までに親御さんなどから資金の贈与を受けておく必要がありますので注意が必要です。

 なお来年以降につきましては、現在税制改正案においてほぼ同様の制度を継続させようと言われています。そうなりますと来年以降も住宅を購入する際の資金贈与について贈与税がかからなくなる可能性もありますが、とりあえず本年の特例の適用につきましては今年中の金銭の贈与が条件となっていますので、お忘れのないように手続きをお進め下さい

関連記事

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

森税理士事務所

Author:森税理士事務所


 「親しみやすい税理士事務所」を実現できるよう、日々業務を行っています。

 税金に関するちょっとしたご不明点などでしたら、いつでも無料でご相談を行っています。

・お問い合わせフォーム または

・電話 078-414-8087
(10時-18時 土日祝休)

からお気軽にご連絡ください。

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。