神戸市灘区の森好徳税理士事務所、税金・経営・相続・不動産のことなら 電話078-385-3496
■2009年09月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■税理士事務所でのカード決済の導入は無理?

 当事務所を独立させるにあたって私がぜひとも導入させたいものがありました。それは個人の税理士報酬をカード決済できるようにすることです。以前申告を行った個人のお客さんから「カードはダメなの?」訊かれたのがそのきっかけで、税理士事務所の報酬は大抵が万単位ですし、決して金額も少なくないのでカード決済できれば個人のご依頼主からみればとてもメリットのあることでしょう。
続きを読む >>
スポンサーサイト

■「プロ」であるということ

 世の中にはプロという言葉があります。プロとは読んで字の如しで「ある仕事を行ってお金を稼いでいる人」のことを意味します。そういう意味では社会人は全てプロであるわけで、よく会社などでも「プロ意識を持って仕事を行いなさい」と会社の偉いさんなどが社員に呼びかけています。
続きを読む >>

■役員退職金損金算入に関する判例

 先般長崎地裁において会社代表者の妻が役員から監査役に退いた際に支払った退職金が損金算入可能かどうかの判断があったようです。地裁での判断は「損金算入可」というものでした。これは国側が控訴しなかったため、地裁の判決をもって確定したようです。
続きを読む >>

■電子ファイル化推進中(その2)

・・その1より続く

 ただ私が電子ファイルを信用していないところは「いつまでこのメディアが使えるのか」ということにあります。それは今までのパソコンの歴史を振り返ってみても簡単に分かります。20年ほど前は大型のフロッピー、それが小さなフロッピーになり、それはすぐにハードディスクに取って代わり、それから加速するようにMD、CD-R、DVD、フラッシュメモリ、等々どんどんメディアが変化していきます。しかもそれぞれのメディアは10年保ちませんから、常に新しいメディアにコピーしていかなければなりません。
続きを読む >>

■電子ファイル化推進中(その1)

 最近といいますか、ようやくといいますか、事務所書類の電子ファイル化を進めています。しかし元々私自身はあまり書類の電子保存には熱心な方ではありませんでした。書類の電子保存はそれこそ十数年前に私がまだサラリーマンだった頃から提唱されていたアイデアで、そのメリットについては十分理解をしていたつもりでした。最大のメリットは保存スペースの削減にあるわけですが、当初から電子ファイル化することによる利便性の悪さを懸念していました。
続きを読む >>

■冷やかし客を大切に

 今日の日経新聞を読んでいますと「春秋」欄に面白い内容が書いてありました。要約しますと、商売で常連客はとても有り難い存在だけれども、それだけを大切にしすぎると商売は拡大しない。冷やかし客を大切にして、冷やかし客が多い店ほど発展する、とのことでした。このコラムの本来の主題は、これを政治に置き換えて民主党は無党派層を大切にしなければならないよ、というところなのですが、私たちにとっては前半の商売における冷やかし客の内容が興味深いものでした。
続きを読む >>

■民主党が圧勝!

 先日の衆議院選挙は皆さんご存じのように民主党が圧勝でした。実際のところは民主党が支持を受けたというよりも、自公連立政権に嫌気が差した多くの有権者が次善の策として民主党に投票したというところでしょう。

 ですから有権者の多くは決して民主党の実力とか、方針とかを支持して民主党に投票したわけではないところがミソだと思います。民主党にはそのように謙虚に状況の分析をしてもらい、そして多くの有権者の期待を裏切らないような施策を行って欲しいものだと思います。
続きを読む >>

プロフィール

森税理士事務所

Author:森税理士事務所


 「親しみやすい税理士事務所」を実現できるよう、日々業務を行っています。

 税金に関するちょっとしたご不明点などでしたら、いつでも無料でご相談を行っています。

・お問い合わせフォーム または

・電話 078-414-8087
(10時-18時 土日祝休)

からお気軽にご連絡ください。

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。